「ととのうみすと」の基本的な使い方と様々な使い方

ととのうみすとの使い方

「ととのうみすと」は手軽で簡単に余分な皮脂を落とすことができる新感覚スプレーですが、
正しく使わないと効果が実感できない可能性があります。

そこで、ここでは「ととのうみすと」の使い方についてまとめてみました!

面白い使い方もあるので、
参考にしていただけますと嬉しいです。

「ととのうみすと」の基本的な使い方

ここからは「ととのうみすと」の基本的な使い方をご紹介します。

 

基本的な使い方

①ぬるま湯で顔を洗います
②5~10プッシュほど肌に吹き付けます
③30秒~1分待ちます(垂れてくる場合があるので、タオルで防止すると良いです)
④ぬるま湯で洗い流すかタオルで拭きます

 

「ととのうみすと」を肌に吹き付ける場合ですが、
下記の動画のように直接吹き付けてしまって問題ありません。

これだけで古い角質が浮かんできて、
余分な皮脂を落とすことができます。

水が白く濁るので、
どれだけの皮脂が落ちたのかもわかりやすくて
それを見るだけでもさっぱりした気分になっちゃいますよ!

 

「ととのうみすと」の様々な使い方

ここからは余分な皮脂を落とすだけではない、
様々な使い方をご紹介していきます。

 

化粧崩れ防止のための使い方

①化粧前に5プッシュほど肌に吹き付けます
②タオルやコットンで優しく拭き取ります
③化粧を始めます

 

これだけでお肌にある余分な皮脂が取り除かれ、
化粧のノリがよくなり、
化粧崩れの予防をしてくれます。

脂性肌の方や
化粧が崩れやすい方はぜひ試してみてください。

 

頭皮クレンジングのための使い方

①頭皮に5~10プッシュほど吹き付けます
②指の腹で揉み込むように頭全体をマッサージします
③いつも通りにシャンプーします

 

頭皮クレンジングはマッサージを含めることで、
ヘッドスパのように頭皮のかゆみやフケを防いでくれます。

「ととのうみすと」を使うことで

・皮脂をきれいに洗い落とせた
・スタイリング剤をきれいに落としきれた

という理由から
髪の毛もいつもよりサラサラしていると感じることができますので、
ぜひ試してみてください。

頭皮がスッキリしますよ!

 

スマホをキレイにするための使い方

皮脂汚れを落とす「ととのうみすと」は
指紋や顔の皮脂でベタベタになったスマホの汚れにも効果があります。

スマホの汚れがふと気になったときにでも
試してみてください!

 

白く濁らない場合は?

「ととのうみすと」は皮脂と成分が乳化して白く濁ります。

つまり、ととのうみすとを使っても白く濁らない場合は
以下の原因が考えられます。

 

①水分が残ってしまっている
②吹きかける量が少ない
③皮脂が毛穴の奥深くにあり、成分が届かない
④皮脂成分がほとんどない

 

①水分が残ってしまっている

肌に水分が残ってしまっているために、
「ととのうみすと」の効果が薄れてしまっている可能性があります。

なので、洗顔した後やお風呂の中では
しっかりと水分を拭き取ってから
「ととのうみすと」を使用しましょう。

 

②吹きかける量が少ない

「ととのうみすと」は1回につき5~10プッシュが目安ですが、
そのくらい吹きかけても白く濁らない場合は、
さらに吹きかけて15~20プッシュほど使用してみてください。

「一気に使ったらすぐになくなっちゃってもったいない…」
と思われるかもしれませんが、
効果を感じられないとそれこそもったいないので、
多めに使用して効果を確かめることをおすすめします。

 

それでも効果が感じられない場合は、
肌の皮脂が頑固にこびりついているためかもしれません。

その場合は使い続けることで汚れが徐々に落ちやすくなることもあるので、
短期的に見ずに、長期的に継続して使い続けてみることを考えてみてください。

 

また、白く濁らない理由としては、
以下の2つである可能性があります。

 

③皮脂が毛穴の奥深くにあり、成分が届かない

皮脂が毛穴の奥深くにあり、
毛穴も閉じてしまっていると
「ととのうみすと」の成分届かないかもしれません。

その場合、「ととのうみすと」を吹きかける前に
蒸しタオルを肌にあてて、毛穴を開かせてから使うと成分が届き、
きちんと汚れがとれて白く濁ってくれることが期待できます。

 

④皮脂成分がほとんどない

洗顔でキレイに皮脂成分を落とせているために
「ととのうみすと」を吹きかけても
ほとんど白くならないのかもしれません。

もしくは、脂性肌ではなく、
乾燥肌の可能性があります。

乾燥肌の場合、
古い角質に邪魔をされて
きちんと皮脂を落とせていない可能性があります。

その場合は、まずは保湿し、
乾燥を防ぐことが大切です。

まずは、保湿化粧水をつけて
肌をきちんと保湿してから
「ととのうみすと」を試してみてはいかがでしょうか?

「ととのうみすと」を吹きかけた後
優しくマッサージをすることで乳化させ、
皮脂がとれやすくなります。

ぜひ、お試しください!

 

継続して使用するのがおすすめ

「ととのうみすと」は手軽で簡単であり、
白く濁るという皮脂の汚れが落ちるのが目に見えてわかるため、
継続しやすいと思います。

ですが、白く濁らないことにも理由があり、
一度使っただけで「効果がない!」と判断せず、
継続して使用することをおすすめします。

「ととのうみすと」は肌にも優しく、
美肌菌もサポートしてくれるため、
皮脂の汚れを落とすだけでなく、
健康的な肌を維持することにも期待できますので、
まずは3ヶ月ほど使用してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

以上が、「ととのうみすと」の使い方でした。

「ととのうみすと」は顔の皮脂汚れを落とすだけでなく、
化粧の下地としてもお使いいただけますし、
頭皮のクレンジングとしても使用できます。

ですが、正しい使い方をしなければ
きちんとした効果は得られません。

なので、正しい使い方を意識して、
健康的な肌質を維持しませんか?